次にまな板についてしまった魚の臭いを取る方法をお教えします。これも、我が家に代々伝わっていた方法です。私も母に習いました。新米主婦の人は知らないかもしれませんね?方法は2つあります。

魚をまな板で切った後は早めに臭いを取ることが肝心です。とはいえ、まな板にいきなり熱湯をかけると、かえって臭いを閉じ込めてしまい、まな板にしみこむことになるので注意してください。

「清め塩」は板前さんが使っている

一つ目は、まず、まな板に塩を振りかけてタワシでこすり、水洗いする方法です。よく日本料理の板前さんがやっている「清め塩」がこの方法です。
料理のプロがやっている方法なら間違いありませんよね!? 雑菌が心配な時はさらに熱湯を流し、仕上げに消毒用エタノールをスプレーしておくと良いでしょう。

ショウガもまな板の臭い消しに有効

もうひとつの方法は、まな板にショウガの切り口をあてて、こするという方法です。こすった後、ショウガは洗い流して下さい。こちらの方法は、ショウガがもったいないのであまりオススメできませんが…。
でも、ショウガはカツオのお刺身の臭みを消したり、魚の煮物の臭みを消すために使うぐらいですから、信頼できる方法ではないでしょうか。

両方の方法とも、キッチンでできる方法なので、やったことがない人は是非チャレンジしてみて下さい。

しかし、これらの方法では臭いの根本的な解決にならないので、消臭剤を使うことをオススメします。一瞬で臭いが取れるスプレータイプの消臭剤をランキングにまとめた。ぜひ、そちらをご覧頂けたらと思います。