トイレの臭いには尿と大便があります。尿の臭いはほとんどがアンモニアです。
大便の臭いはアンモニア、アミン類、スカトールなどの窒素化合物、硫化水素、メチルメルカプタンなどの硫黄化合物、酢酸、酪酸、フェノールなどの酸性脂肪酸、その他アルデヒド類などです。
これらの臭いは、菌が排泄物を分解する時に分泌する臭いです。特にアンモニアは、時間の経過と共に、だんだん臭いがきつくなります。

マッチ1本で臭いが取れる!?

トイレの臭い取りには、芳香剤や消臭剤を置いている家庭が多いのではないでしょうか?

私の家に代々伝わっている方法は、便器のそばでマッチを1本擦るというものです。ポイントはすぐに消さずに木の軸が少し燃えるくらいまで火をつけたままにします。
これで悪臭もすぐに消えてしまいます。おばあちゃんの知恵袋的な方法ですね。芳香剤や消臭剤をきらした時にも便利な方法ですよ!

石鹸やポプリを置いて!

芳香剤の臭いが気になる方にオススメなのが、香りの良い石鹸やポプリを置くという方法です。石鹸ならばお財布的にも優しいですね。
ポプリならおしゃれですしね。来客にもおしゃれさがアピールできそうです。

マッチを擦る方法、確かに臭いは取れるんですが、ちょっと面倒くさいですよね!? また、夫の排泄物が臭いせいなのか(笑)、ポプリや石鹸ではイマイチ消臭効果がありませんでした。

そんな我が家では、トイレに常備している消臭剤があります。いつも主人に「トイレを出る前に、ひと吹きして」とお願いしています。
便器の中に向けてサッとひと吹きするだけなので簡単ですし、効果も抜群です!皆さんも試してみてはいかがでしょうか?