このページでは、魚の臭い消しグッズのひとつを紹介したいと思います。まずは「ステンレスソープ」。聞きなれない名前だと思いますが、消臭グッズとして密かに注目されているんですよ!

水をかけながらこするだけ

魚をさばいた後の臭いのほか、ニンニク、ネギ、ニラ、玉ねぎなどを刻んだ後の嫌な臭いを解消してくれる商品です。
使い方は、ステンレスソープに水をかけながら、臭いの気になる部分を30秒ほどこするだけです。それだけであら不思議!?臭いが取れてしまうというのです。

ではなぜステンレスソープはそれだけで臭いが取れてしまうんでしょうか?

電子のパワーを利用

魚の生臭さやニンニク臭、ネギ臭などの手にくっついた臭いの分子はマイナスの電子を持っています。一方、ステンレスソープは水をかけると全体に微弱なプラスの電気を帯びてきます。
そのプラスの電気が手のニオイ成分を吸い取り、分解します。分解された臭い分子はそのまま水で流され、臭いが根っこから消えていきます。

名前はソープですが、良い香りで気になる臭いを覆い隠す普通の石鹸とは全然違うという訳です。

ネックは流水のある環境でしか使えない

ネットでよく販売している商品の価格を見ると「100個で消費税抜き250円。
普通の石鹸並みの安さでした。まとめ買いしかできないというより、卸価格なのでしょうか。とりあえず手ごろに1個入手するなら「100円ショップ」が無難です。

ちょっと待って!この値段をみると、100円ショップが儲かっているカラクリに気付いてしまったような…。

キッチンにあると、料理中に手に付いた臭いも簡単に落とせるので、「手が臭くなるからちょっとね…」と今までためらっていたお料理に気兼ねなく挑戦でるかもしれません。
ネックは流水のある環境でしか使えないので、海釣りをする人などは使えないかもしれませんね。